カラコンの保存方法とは?

ワンデータイプのカラコンは、レンズのケアとかカラコンのお手入れをせずとも 使用をすることができる便利なカラコンですが、 それ以外のマンスリータイプのカラコンとかワンイヤータイプのカラコンは しっかりと自分で洗浄をしてレンズのケアをしたりお手入れをしたりする必要があります。

この時にしっかりと石鹸でお手洗いを行う必要があるので、 レンズのお手入れなどを行う際には忘れないように注意してください。 「カラコンのお手入れをする際に必要なものとは?」ということですが、 消毒液と中和液と保存液は必須のアイテムとなりますので揃えておくようにしてくださいね。

またカラコンの洗浄液はどれでもいいというようなことは一切なく、
しっかりと洗浄液も選んで使用をするようにすることが大切です。
なぜなら、最近はカラコンやコンタクトレンズを使用している人の間で
アカントアメーバ角膜炎という目の病気に感染している人が増えてきていて
問題となっているからなのです。


このアカントアメーバ角膜炎は簡単に治る病気ではなく、放置をしたりしていると、
そのうちに失明をしたり視力低下を引き起こしたりする恐ろしい病気ですので
しっかりと洗浄液も選んで正しいお手入れの仕方を覚えるようにしてください。
どういった洗浄液を選ぶ必要があるのかということについてなのですが、
これは言わずもがなアカントアメーバも消毒することのできる洗浄剤を選ぶということで、
これは種類が少ないですが、国内では2種類販売されているのです。

それはメニコンのエピカコールドとボシュロムのレニューマルチプラスで
それぞれの洗浄剤によって使用感や効果なども若干違いますが、
メニコンのエピカコールドは市販の薬局などで手軽に購入をすることができるので
使用している人も多いようですよ。

もしボシュロムのレニューマルチプラスを手に入れるのが困難というようであれば、
このメニコンのエピカコールドを購入してカラコンのお手入れをしてみてはいかがでしょうか?
カラコンの保存には保存ケースを用意する必要がありますが、
洗浄液とセットで付いてくることもあるので比較的手に入れるのは容易だと思います。
また、コンタクトレンズに対応した目薬を購入して、
目の乾燥を抑えたりすることが大切ですので、こちらの目薬の購入も忘れないようにしましょう。
お手入れの際には爪を短く切っておいた方が、手入れしやすくなるのでオススメですよ。


関連サイト⇒カラコンワンデー